読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mamekenのブログ

寝ても醒めても競馬とともに

日曜の反省 届かなかったテイエムジンソク

こんにちは。

mamekenです。

もう香港国際競走も終了し、年の瀬、冬本番であると実感するこの頃です。その香港国際競走では香港ヴァーズでJ.モレイラ騎手鞍上のサトノクラウンが勝利しました。サトノクラウンMarju産駒であり、NorthernDancerの玄孫にあたります。母のジョコンダⅡの持込み馬だったそうです。血統をさかのぼっていくとMr.Prospectorなども見られますが、サンデーサイレンス、ひいてはHaloの血を持たないので種牡馬入りした際の配合の幅を考えると、現在の日本の生産界においても重要な馬になり得るといえます。そのサトノクラウンに箔をつけたという意味で今回の香港ヴァーズの勝利は大変大きな意味を持つでしょう。

前置きはこのあたりにして、馬券の話に移りましょう。日曜は馬券を買おうと思っていたのですが、先週のうちに競馬用の口座からお金をおろしていて、資金が入っていないということを忘れていました。ここで買うのをやめればいいんですよね。しかし私は考えた挙句、残っていた700円を阪神10Rの堺ステークスで増やそうという計画を実行に移すこととしました。そこで私がこのなけなしの700円を数倍に増やすために白羽の矢を立てたのがテイエムジンソク。現級勝ちのあるこの馬が得意の阪神ダート中距離に出走し、外枠に入り、叩き2戦目で相棒の竹之下騎手を背にするという絶好の条件でした。自信をもって700円を突っ込みました。ここまではよかったのです。

結果はクビ‐ハナ差の3着。展開、位置取り次第で1着はあったと思います。力は出し切ってくれたので後悔はありません。むしろ次走も買いたいくらいです。日曜日はメインを待たずして終了してしまいました…

ですがしっかり予想の反省もしたいと思います。

土曜に発表した予想で阪神JFは見事的中していました(▲→◎→△)。3連複が1210円というガチガチの決着となりましたが。しかし私は日曜の昼にTwitter(@mameken72)でソウルスターリングを外すと申し上げていました。初志貫徹が大事だとこの間確認したばかりなのに…これが今週最も反省すべき点だと思います。

つづいて大知騎手の話題です。日曜の大知騎手は中山6Rをエルヴスで勝利しました。大知騎手の10番人気での1着に加え、2着3着には9番人気と4番人気が入り3連単は76万円超えとなりました。波乱を演出しましたね。今週は3勝を挙げました。

いよいよ回収率がほぼ100%になってしまいました。「急に3連単に賭式を変更しない」「無理に購入額を増やさない」「最終レースで負けを取り返そうとしない」「前日までの直感とそれによる予想を尊重する」というこの4原則を死守して年内をプラスで終えられるようにします。来週は朝日杯です。トラストも出走予定です。果たして前走から上積みはあるのでしょうか。ミスエルテは勝ち負けのレベルにあるのでしょうか。1週間かけて分析したいと思います。

ではまた。