読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mamekenのブログ

寝ても醒めても競馬とともに

5回京都7日 京都2歳ステークスなど

こんにちは。

mamekenです。

かなり寒くなってきましたね。昨日は東京競馬場でも雪が積もって、ジャパンカップに出走する外国馬は雪のなかで追い切りを行ったそうです。

まず土曜東京の柴田大知騎手騎乗予定レースから。

1R マスラオ

2R コスモディライト

3R プーカローズ

5R マイネルピョートル

7R マイネルフレスコ

9R スッチェッソ

11R マイネルラフレシア

12R ヤマイチジャスティ

以上の8鞍となっています。

マイネルラフレシアは昇級初戦と距離短縮がどうかといったところですが狙ってみたいですね。

 

土曜京都では京都2歳ステークスが行われます。

予想もだいたい固まってきました。

◎プラチナヴォイス

◯ヴァナヘイム

▲アダムバローズ

△ベストアプローチ

△カデナ

△ソーグリッタリング

本命はプラチナヴォイスです。前走は前につけて押し切ったレースを見せてくれた萩Sでした。京都1800の外回りから2000の内回りになることがこの脚質にはプラスに働くと思います。距離延長はややマイナスですが。

対抗はヴァナヘイム。話題の2歳馬ですが前走はプラチナヴォイスに敗れました。レースを見る限りでは、一瞬の強烈な脚というよりはいい脚を長く使えるタイプに見えます。鞍上の乗り方次第のところはありますが、このメンバーでも実力はあるとみたので。シュタルケ騎手がやらかさなければ普通に勝ち負けです。

単穴はアダムバローズ。紫菊賞は逃げ切り勝ち。しっかりとハナ、番手につけられれば上位も十分な感じです。ハーツクライ産駒はこのコースの単回値が106%ということ(出典:KLAN)もプラスです。マイナス材料は過去5年間で紫菊賞とこのレースの相関が低いことですかね。

複穴3頭は新馬、未勝利勝ちから2頭。ベストアプローチは中団から上がり最速で押し切った内容を評価します。ソーグリッタリングはタイム的にワンダープチュックなどよりも上とみました。

買い目は本命と対抗から3連単2頭軸マルチで単穴以下4頭に流します。

先週の東スポ杯より混戦模様なので自信は正直ありません。このレースは過去5年間1番人気の複勝率が80%だそうなので(出典:KLAN)、オッズと相談しながらですが1番人気を3連複の1頭軸にしてガミ覚悟で当てに行くのも考えてます。

ツイッターは全然フォロワー増えませんねぇ…地道にやっていきます。

では良い週末を!